2038年に人類滅亡するといわれていますが、どんな問題があるのでしょうか。根拠は2000年問題のような日付を計算する仕組みに起因するハードウェア、ソフトウエア上の問題の事です。
2000年問題はアプリケーション上で日付や時間の取り扱いに関する問題だったのですが、2038年問題はOSやハードウェアの仕様によって引き起こされる問題となっていて、すでに同根の問題が2004年にも起きています。
要するに、コンピューターが日付や時刻を計算している数値の変数が32ビットであることが原因と言われていて、1970年1月1日0時0分0秒からの秒数を数えている変数の扱える最大数値が2.147.483.647秒までしか扱う事が出来ず、これを超えると数値がオーバーフローして無条件で負数になります。
具体的には、1970年1月1日0時0分0秒かた2.147.483.647秒を経過した、2038年1月19日3時14分7秒で負の数字にある為にこの日を境に日付が1901年12月13日20時45分52秒などのように過去の日付にされてしまい、最新の情報が100年前の情報として検索順位が狂ったり、また、過去の情報として、情報を再整理する際に勝手に消去されてしまうようなことが予測しています。
2004年の1月11日には、間接的にこの2038年問題と根源を同じくする変数の最大値の問題が原因となり、ATMシステム障害が発生してしまった事例があります。
オーバーフローは、使える数値を超えて計算してしまう事により起こってしまいます。その結果、アプリによっては予期せぬエラーが発生したり、強制終了をしたり、エラーをキャッチして安全に停止したり、無視したりするかもしれないけど、そういう考慮をしなくてはならなう場合もあります。
2の補数ですが、コンピュータばう部では負の数を計算するときには負の数として扱っていません。補数という考えを使っていて、詳しく説明を省くのが、数値のデータ型に1加算するとメモリ内の1進数の数値も1加算されるのですが、正の数上限値に1加算すると負の数の下限値になります。加算機能だけで減算も簡単にできるという仕組みですが、UNIX時間の上限値を超えたら数値はマイナスになってしまいます。その結果予期せぬ数値が発生してしあむとプログラムは止まるか、何か深刻な誤作動を起こしてしまう可能性があります。
対応としては、上限を増やしておけば問題はないわけで64bitにすると上限はずっと先になります。3000億年後になります。そして、今のOSなどは64bitで計算されているから問題ないそうです。
何十年後も安定して稼ぐ事が出来るシステムは、存在しますし、そのシステムにつながるAPIなどにも影響が出てしまうかもしれないので、つかがっている先のアプリなども変更が必要となってくると言われています。
修正する範囲は広くなり、古い設計をそのまま秘伝のられのように継ぎ足して修正していってものだったら、実装が残ってしまう可能性はあります。遠い未来だからといって安心できる問題ではありません。
実際に便利な時代になってきたという問題もありますが、今の時代では、手放す事もできません。2000年問題で心配されていたような自動車が動かなくなるといったことも鉄道の運行システムが障害を起こしてしまうなどの無かったので、適切に社会全体が対応する事が出来てば、問題はないと予測されています。
実際に、古い電気器具で時計を内蔵している場合には、機器が役に立たなくなってしまう可能性はあるといわれています。2000年には、ビデオデッキなどで動作しなくなるなどの問題を起こしてしまった機種は存在しています。
今の時代は何が起こるかわからない時代となってきています。資源などについても今のようにきちんと輸入する事が出来れば問題ないと感じますが、実際に、今の時代は自然の方が怖いと感じるのは私だけでしょうか。
自然の怖さも視野に入れていく必要があり、地球温暖化と言われている今の時代では、機器を必要としますが、機器が使えなくなってしまう事により、人類滅亡があるかもしれませんし、様々な問題はこれからもずっと続いていくと思います。
今の実際に、全国において、地震被害や災害被害など様々な問題が起こっている時代で、何があってもおかしくないと感じますが、人も生きている間では、病気などにかかってしまうので、コンピュータに関しても故障してしまうというトラブルがあってもおかしくないと感じます。
実際に様々な機器が失われてしまう事により、便利な時代となっている今を生きている人は、何もできなくなってしまう可能性はありますよね。恐怖などはありますが、まずは、今を一生懸命という事が課題になっていると思います。
便利になるほど先が難しくなってしまいますが、すべての事に対して進化しているという現実もあります。昔からよく言われていますが、その時にならないと実感する事も出来ないという人も多いと思います。
実際に昔は、ノストラダムスの予言や、ミサイルなどの問題などもありますが、今後もできる限りの対処を行っていく事により、きっと大丈夫だと思います。
観光客に人気で有名な、行天宮の地下道にある占い横町って知っていますか。本場の占い師さんによる本格的な占いが出来ます。四柱推命、手相占い、顔相占いなど一般的な占いから、変わった占いの米粒占いや亀占いまで様々あります。
台湾では、なぜ占いが人気なのでしょうか。台湾人にとって宗教、信仰は切ってもきれないもので、生活の中に存在していて、いつでもどこでもお祈りをしている人と見かけます。
台湾には、仏教や道教のほか、カトリック、プロテスタントなど様々な宗教が入り混じっています。占いもそんな信仰の中の一つで、人々は四柱推命、手相占い、顔相占、風水、八卦、米粒占い、鳥占などで開運アドバイスを聞いて、それらを生活の中に取り入れているのです。
実際に会社の名前や自分の名前、子供の名前、結婚相手などを占いで決めてしまうほどすごいとも言われています。
売らい横町は、H型をしている地下道は東区と西区の2つのエリアがあり、どちらも占いブースが横に並んでいます。占いブースは1番~11番まで番号があり、それそれ個性的です。
占いの種類や料金は各ブースに寄って違うので、占いをしたいと感じている人は、直接、聞いてみるようにしましょう。また、占い師さんにはそれぞれの得意分野がありますので、それも聞いてみるようにしましょう。
米粒占いですが、お米が入ったケースと葉っぱの形をした3つの皿が用意されています。そして、指定のピンクの用紙に自分と相手の名前と生年月日を、そして生まれた時間を記入していきます。
占い師がお米のケースを振って、目の前に置きます。それから心の中で自分と相手の名前と生年月日をいい、お互いに相性がいいかどうか聞きたいですと言いながら、お米を3回に分けて一つまみで取り、左から順に皿の上にパラパラと乗せていきます。
このときに、指にくっついているお米もすべて乗せます。とったらすぐお皿の上で手を離して乗せるのがコツです。お米を乗せた後は、先生は先ほどのピンクの用紙に何かを書き始めました。
占いの結果ですが、2人の関係は良好で、お互いに自分のことで忙しくベタベタするよりも、いつ会うかをはっきり決めてあった方が関係が良くなる。来年か再来年結婚緒可能性があり、結婚する前に同居して、36歳までに何もなかったら関係を解消した方が良いという結果でした。
変わった占い方だと感じても実際に、占い結果を導き出して本当によい方向に向いていく事が出来るようなアドバイスで多くの方が満足している結果でした。
実際に、日本語がとても上手な占い師さんもいますので、日本人が言っても問題なく占いを行う事が出来て、結婚や、仕事などについては環境により影響されて変わるという事まで知ることが出来ました。
どの占いにするかは自分が出向いての楽しむだと思いますが、一度は行ってみたいと感じますよね。迷ったりする事もあるけど、自分の道を切り開くためには、まずは、1歩踏み出す事が大切なのだと感じました。
占いの結果がすべてではありませんが、何よりも自分の道を進んでいくためのアドバイスや関係を上手く続けるコツなども知ることが出来てそれが人気の秘密で、他の場所ではできない占い法もあり、興味を抱く気持ちもわかるような気がします。
人生の中で占いをした経験があるという人も多いと思います。その中で、占いが当たると本当にスゴイと感じてしまう傾向にあります。でも、逆に何で当たるのと怖いというイメージもあります。
私は、電話占いは行って事がありませんが、直接鑑定で占いを行ったことがあります。その中で、実際に若いころにあった経験があります。今年、結婚します。と言われて、実際にとの時には、彼氏もいないので、結婚なんてと思っていましたが、本当にその年に結婚しました。
付き合いは短かったのですが、結婚へと導く事が出来て、まだ早いとも感じていた自分がいましたが、23歳で結婚しました。
今では、本当にスゴイと感じる点もあり、見えてるの?と思うほどですが、何よりも相手のアプローチに負けると言われて本当に負けてしまいました。
出会った頃は、付き合う気もなく、友達でという考え方でしたが、旦那が無理でも良いので1ヶ月だけでいいから付き合って、自分が嫌だったら別れてもいいよと言ってくれて、しぶしぶ付き合ったのですが、結婚してしまいました。
結婚して、今は幸せな生活を送っていますが、不満などもなく、子供も長女と長男が生まれて平凡な家庭です。
その後は、占いをしたことがありませんが、私は結婚してカウンセリングの仕事をしていましたが、実際に電話相談などで色々な人と出会って会話をすることにより、色々な悩みを抱えている人がいます。
その中で、たくさんの人と出会って、今まで自分が出来なかったことにも挑戦する事が出来て、縛られることなく、結婚することで、今まで以上に活躍できるともいわれていましたが、本当に良い出会いや経験ができている私で、今占いをして、違うことを言われるのは怖いと感じて、このままでよいと思っています。
平凡な生活を送っている中でも自分なりに家庭で必要とされていて、カウンセリングでも色々な人からありがとうと言われると感謝は必要だと感じて、子供にもありがとうの大切さを教える事が出来て、戸惑いなどもなく子育てが出来る自分がいます。
カウンセラーになったのも、人の相談などに乗る機会が多く、占いの際に向いているということでなりました。本当に穏やかな自分で、性格がおせっかいな所があるのですが、患者さんなどにも気を使う事が出来て、自分でも自分を好きになりました。
人生の中で経験したことがないことに挑戦する事は、難しいと感じている人も多いと思いますが、経験、挑戦、努力が、幸せな道を開いてくれると思います。
実際に、一人娘で育ってわがままだった私ですが、それをきちんと理解してくれて、私を支えてくれる家族に感謝していますし、23で結婚すると言われていなかったら、結婚もしていなかったのかもしれません。
旦那の押しもありましたが、旦那と結婚して、色々な経験もしました。その中で、今の自分があるという事もあり、カウンセラーになれたのも旦那と出会ったからだと思います。
私の考え方として、自分の考え方を押し通す私ですが、旦那と出会って、色々な人がいる、考え方も十人十色という事を勉強しました。お互いに何より会話が大事で、伝えないと相手に気持ちを伝える事が出来ないという事も勉強したし、23歳で結婚して、今は38歳になります。結婚して14年ですが、別れたいと感じた事もなく、夫婦喧嘩したこともなく、本当に幸せです。
最近では便利な時代となり、電話を使って電話占いを行う事が出来るようになっています。その中でやっぱり、メリットもあり、デメリットもありますが、十分に両方を知った上で活用するようにしましょう。
電話占いについては、いつでも気軽に占いを受ける事が出来るという点が最大のメリットとなっています。日常の生活で忙しい日々を送っている人も対面鑑定ではなく、電話鑑定を使うことにより、電話だけで占いをしてもらう事が出来ます。
実際に霊能系の電話占いについては、名前、必要であれば生年月日だけで短期間で鑑定結果を導きだしてアドバイスを聞く事が出来ます。手軽に活用している人も多く実際に人気となっています。
その半面では、電話占いなので、占い師の姿などを目にすることが出来ず、本当に調べてたり、カードを使って鑑定しているのか、会話だけを聞いているのかわからない点がデメリットと言えます。同じ会社でも占術のレベルや会話マナーなど質がバラバラな所も多く、鑑定士として未熟にもかかわらず、鑑定年数をごまかしている人も勤務しているようです。
また、悪徳占い会社や占い師にあたってしまう場合もあり、授業料などが必要という場合もありますが、そんなものは必要ありません。請求されたりした場合には、消費者センターや弁護士などに相談する必要があります。
実際に電話占いで鑑定してもらった結果、占い師から指摘されたことがズバリ的中した経験があるという人も多く、最終的には占いが当たりすぎて、占い師に相談しないと不安な状態になってしまうという人もいます。
その結果、金銭的にも精神的にもどん底にはまってしまう可能性もあり、やめる事ができない精神状態になってしまうとお金の事を気にすることなく電話してしまう傾向にあります。
最近では、年齢に関係なく、占い依存症になっている人が多くなっています。占いに依存する女性は多いと言われていますが、男性も依存してしまう人が増えています。
電話占いの本当の怖さですが、電話占いは長期も短期も可能となっています。毎日ちょっとしたことを占って欲しいという方からたくさんの悩みを幅広く対応してほしいという方がいます。
自分の希望している時間に占ってもらう事が出来て、夜中に誰かの声が聞きたいと感じた時なども24時間対応している電話占いなら話し相手にもなってくれます。
料金は発生しますが、寂しいという感情を消したいと感じている人にとっては、有効な手段でもあり、占い師を友人のように思ってしまう人も少なくありません。
電話などで様々な鑑定をしてもらう手軽さで、占いが生活の主導権を握ってしまうことにより、自分で決定するべきことをすべて占い師に電話で相談するようになると頻繁になってしまうと電話を手放す事ができない状態になります。
電話占いに依存してしまうことにより、周りが見えなくなり、誰も信じる事が出来ない状態で、占い師がいれば誰もいらないという感じで生活することになると、たくさんの事を失ってしまう可能性があります。
これが最大の電話占いのデメリットと言えるのです。占い依存を解消していくためには、占いから距離を保つようにして、医師のカウンセリングを受ける必要があり、クレジットカードなどを停止する事がお勧めできます。
実際に、今まで占い師に話していた相談などをカウンセリングに聞いてもらうだけでも楽になりますし、自分が働いた費用を占いにつぎ込んでしまう自分を後で後悔してしまう結果になります。
さみしいと感じている人は、自分の趣味を見つける事がお勧めできます。精神の疲れと肉体の疲れを連動することにより、精神状態を整える事ができます。
便利だから活用してしまい、占いが終わった後に色々な相談を聞いてくれる電話占いもあり、そうなると長い時間会話をすることにより、相手が自分の気持ちを分かってくれるとどうしても離れる事が出来なくなってしまいますので、占いを活用する事は、おすすめできますが、何よりも参考程度で活用するようにしましょう。
頻繁に活用してしまうことにより、依存症になってしまうと抜け出す事が出来なくなってしまい、自分の精神状態にも影響してしまいますので、それを意識して使うようにしましょう。
人生の中では様々な悩みや問題を抱えてしまいます。その中で大逆転するとことにより、自分の道を開く事も出来ますし、スカッとできる出来事として自信を持つこともでき、頑張ってよかったとも感じる事が出来ます。今回は、大逆転した実話を紹介していきます。
・2006年に公開された映画の主人公に実在したホームレスからの逆転人生です。事業に失敗して、ホームレス生活をするまでに転落してしまった男性のサクセスストリーを描いた作品です。映画位に向けて脚色されている部分もありますが、実際に起こったことなのです。
証券取引の世界に興味を持ったクリスは、それまで行っていた医療器具の販売をやめて、株の仲買会社のトレーニングプログラムに参加しました。それがきっかけとなり無収入になり、ついにはホームレス生活までに落ちぶれてしまいました。
1歳の息子とのホームレス生活は過酷を極めたともいわれていて、その後クリスは、引き取った息子を幸せにしてやりたいとの一心で懸命に働き、ついには株式仲買会社の正社員に抜てき、5年後には、自ら会社を設立して、現在はアメリカでも有数の技行と成長しました。
実際に、努力は報われると思いますし、頑張っている人は、それなりに大なり小なり良い結果に導く事が出来ると思います。子供を育てている私でも、子供のために頑張らないといけないという事はいつでも頭の中にあります。
・いつやるの?今でしょ!でおなじみの東進ハイスクールの林修先生もどん底を味わっていました。今ではテレビ番組などで引っ張りだことなっています。そんな林先生も何度も挫折を味わって、逆境から上がってきた人なのです。
愛知県にある東海高等学校か現役で東京大学法学部に進学した林先生ですが、卒業後は、日本長期信用銀行に入行しました。しかし、わずか半年でやめてしまい、その原因としては、自己シミレーションの結果、会社はつぶれてしまうと確信したからだそうです。実際に銀行は無くなりました。
会社を辞めた後はいくつかの会社を起業しましたが、どれも失敗して大きな借金を背負うことになり、その後、友人の紹介で塾講師のアルバイトをすることになりました。これが大きな転機となりました。
塾講師のアルバイトを数年経験して、専任講師に就任して、持ち前の人に何かを教える技術と生徒のやるきをいかに引き出せるかを懸命に考えるスタイルが評判となって、ついに東進ハイスクールを代表とする人気の講師となっています。
テレビで見る機会も多いですが、凄く頭が良い人だなと感じていました。こんな過去があったという事を知りませんでしたが、実際に学校の先生などにも向いていると感じる時もあります。
・親子で名門中学に挑んだ話ですが、最終学歴が中学校卒業の父親と偏差値41の娘が協力して名門中学受検に挑みました。もちろん周囲は反対しました。
ある時、娘が受けた模試で偏差値41という結果を見て、娘には中卒の自分とは違う人生を歩んでほしいという思いがありました。娘とともに最難関と言われている名門中学を目指す事になりました。周囲は絶対無理だからという声が上がっていました。
進学塾に通わせようと思っても偏差値41では相応のクラスに入る事が出来ません。そこで自らが家庭教師になることを決めて、もう一度小学校の学習内容から徹底的に学び直しました。娘と一緒に夜遅くまで勉強して、それが終わった後に自分の勉強をするという生活が続き、実際に、その時の睡眠時間は、2.3時間程度だったそうです。
父親の懸命な姿をみた娘も必死に勉強をして、1年半後に受験の日を迎えます。残念ながら、第1志望の名門中学には合格する事ができませんでしたが、第2希望の別の名門中学に合格する事が出来ました。
今の時代は、昔と比較すると勉強をすること、学力や大学まで行っても仕事がないと言われている時代で、昔は、中卒でも体を使った仕事はあります。内にも中学2年生も娘がいますが、いつも旦那は、世の中は、体を使って働くか、頭を使って働くかの2通りしかないと口にしています。
自分は、子供の頃から勉強が嫌いだったから、今、体を使った仕事をしているけど、娘には、今の時代は、女も一人で生きていく人が多く、勉強して今学べることはすべて学んで欲しいと言っています。
子育てをする際には、何よりも自分の経験を子供に教えていますが、その時に気持ちを子供に分かれと言っても難しいですよね。私も子育てをしながら気が付く事は、私もよく言われていたことを、今は自分が口にしていると感じます
ある程度、挫折も必要だと思います。挫折の経験から広がる道もあり、努力次第では大逆転の人生となる可能性だってありますよね。色々な経験をすることが何よりも人生の中で大切だと思います。
No newer/older posts